自分に必要な資格を診断する方法

自分に必要な資格は何かを診断する方法

夢をかなえる為に

皆さんは資格を持っていますか?
そしてその資格は今後生きる上で本当に必要ですか?
今、日本には30以上のジャンルの資格があり、国家資格だけでも1200以上、民間資格で3000以上の資格があるそうです。
その中から自分に必要な資格を持つことは難しいかと思います。

資格を取るうえでまず必要なことは「考える」ことです。
なぜ考えることが大事なのでしょうか。
例えばですが、今後トラックのドライバーを目指してるとします。
ですが、今現在「普通自動車免許」しか持っていないので4トントラックの運転ができませんよね。
4トントラックを運転するには「中型自動車免許」が必要になってきます。
トラックのドライバーを目指すのであれば資格の取得が必要です。
しかし、そう思わなければ必要のない資格にはなってきます。

このようにまずは自分が生きる上で必要な資格なのかどうかを考えてみましょう。
考えることのより自分の必要な資格が明確になってきます。
今後やりたい仕事に関して専門的な資格は是非押さえておきましょう。

ではここで考えるためのポイントをご説明していきます。

自分に必要な資格は何か考えるポイント
・仕事に生かせる資格なのか?
ここで考えてもらいたいのはその資格は国家資格やその筋で役立つ資格なのかです。
基本的に資格は仕事で生かすものです。
その筋のきちんとした資格なのかを押さえておきましょう。
・どんな仕事をしたいのか?
基本的なことですが、どんな仕事をしたいのかでどの資格が必要なのかがわかってきます。
何でもかんでも取ればいいというわけではありません。
その仕事に合った資格を取得しましょう。